実際に集まって、おすすめの本を紹介しあう新潟市No1のゆるーい、ニイガタ読書会 。毎回初参加さんもいらっしゃいます。






リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

ニイガタ読書会

Author:ニイガタ読書会
ようこそニイガタ読書会へ


「すごく、すごく素敵な、大好きな本に出会ったとき、それを誰かに伝えたくて、誰かと共有したくて。」

僕らは素晴らしいものに出会った時、きっと誰かにその素晴らしさを教えたくなる。

この会はそんな感じ。

本を通して視野と価値観を広げ、ポジティブな考えをもつ。

自分の愛読書や最近読んだお勧めの本を持ち寄って紹介する読書会です。

本を通した人とのつながりは素晴らしい。いや、本を読む人に悪い人はいないってことだと思う。

※新潟で一番規模が大きく、一番ゆるい雰囲気らしいです。代表の人柄がでているらしい。ゆるさのね・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●参加方法
1、mixiの「ニイガタ読書会/新潟市 本の虫」のコミュニティに参加し、そこから希望のイベントに参加ボタンを押す。
2、facebookの「ニイガタ読書会/新潟市 本の虫」のグループに参加し、そこから希望のイベントに参加ボタンを押す。
3、メールで申し込む。あて先 niigatabookclubアットマークgmail.com(アットマーク→@に置き換えてください)

1か2がおすすめです。写真やコメントが見れて、おおよその雰囲気がわかります。
他の参加者とのつながりも出来ますし、何より、私の管理が楽。
1も2も登録は特に問題なければ承認します。
3の場合は変身遅くなるかもですが、人数制限を設けていない回の読書会はメッセージくれればそれで参加OK!

●場所
・コーヒーショップ、図書館の研修室や公民館の会議室を中心に活動しています。

過去の実績
県立図書館
駅南コミュニティセンター
スターバックス 新潟紫竹山店(弁天橋の近く)
タリーズ 中央インター店
ほんぽーと
万代市民会館
ロイヤルホスト
スーパーセンタームサシ2F チェントぺルチェント
など

●時間
・平日は夜~
・土日祝は朝・昼・夜
を中心に考えています。その都度時間が違います。代表のすべて都合です。


●参加者
・本を読む方
・人に教えたい本がある。
・ポジティブになりたい。
・人とのつながりをつくりたい。

●本
・小説
・ビジネス書
・歴史物
・詩集
・エッセイ
・料理本
・写真集
・マンガ
などジャンルは問いません。

●読書会内容
・それぞれ自分の持ってきた本を紹介(3分程度)質疑応答(7分程度)
・そのあとフリートーク。

以前に紹介された本たちをチェックできます
ブクログ
http://booklog.jp/users/niigatabookclub

代表 かやばたけお



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第13回読書会 2/6(日)
雪にうんざりです。
けど、雪は外部の音を遮断してくれ、景色も白一色に染めてくれ、本を読むのにぴったり。
どうも、晴れていると外に出たくてうずうずします。
だから今はただ、春を待つ花や草木のように本を読んでいます。
そんな感じの管理人です。
でも、たまには冬眠から抜け出し、読書会に参加しませんか?スタバで甘い蜜をすいながら。


さて
第13回読書会 2/6(日)にやります。

朝の9時から

場所は・・・
スターバックス・コーヒー 新潟紫竹山店にします。
弁天橋通りのドライブスルーのあるスタバです。
他、いいとこ思いついたら教えてください。

読み終わった、お気に入りの本1冊お持ちください。
各自が持ち寄った本を簡単に紹介してもらいます。

持ち時間10分とします。やっぱり本の紹介3分、質疑応答7分くらいがいいのかな?

参加回数2回目以降の方は時間を考えた、話す内容の準備お願いします。
初めての方は特に気にせずに。

そのあと、フリートーク

コーヒーを飲みながら、日曜の朝からスタートダッシュをきりましょう!
気軽に参加してくださいね。
972389233_219.jpg
今日紹介された本たち・・・
カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」
出路 雅明「ちょっとアホ!理論 倒産寸前だったのに超V字回復できちゃった!」
俵 万智「サラダ記念日」
濱田 昇「質問力で稼げ」
岩明 均「寄生獣」
吉本 ばなな「キッチン」
朝倉 千恵子「不思議なくらい心が強くなる言葉」
松原 泰道「般若心経入門」
道尾 秀介「光媒の花」

参加経験者3名初参加者4名のフレッシュな顔ぶれでした。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://niigatabookclub.blog137.fc2.com/tb.php/4-13f77fa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。